しずく職人のホンネ 石の上にも2.5年

こんにちは!
職人修行中の藤本です。
しずくの職人になるために大阪から徳島にきて、二年半がたちました。
この二年半は今までの人生の中で、一番濃密な時間でした。やっと気持ちに余裕が出てきたので、少し立ち止まって、今までのことや、これからのことについて考えたいと思います。

この二年半を振り返れば、沢山の失敗をしてきました。
自分の弱い所を見つめることが出来なかったので、失敗を改善出来ずに同じ失敗をする、失敗を隠そうとして事態が悪化する。そういったことを繰り返すばかりで、自分を卑下して、落ち込む日の方が多かったと思います。
どうしようもなくなって、泣きながら相談した時もありました。しかし、ある時これ以上恥ずかしい思いをすることはないのではないか?ということに気付いて、失敗を恥ずかしく思っている自分に恥ずかしくなりました。そこから失敗を前向きに捉えることが出来るようになりました。失敗したらどうしよう?から失敗してもその失敗を生かそう、自分の糧にしようというマインドに変わり、そこから大きく成長できたように思います。ここに来るまでは、自分が本当に好きなことは何か?を探すことに時間を使っていました。いつも自分の居場所はここではない、自分探し中だと思っていたので、どこで何をしても身が入らず中途半端で何にも無責任でした。そんな僕でもやっと見つけた本当に好きなことが、木工の中でも木地師で、しかも加工するのが難しい杉を削ること、つまりしずくで職人になることでした。


ですが、しずくに飛び込んでいざ、職人の修行が始まっても簡単に人は変われません。前までの無責任な自分が顔を出します。本当に好きなことを探す時間から、本当に好きなことに出会い、全力を注ぐ時間に変わったのに、全力投球出来てない。昔の自分は、自分の好きなことを探すという言葉で、カッコいい言い訳にしていたと思います。今に向き合ってなかった。
また次があるだろうではなくて、今精一杯出来ることをやる、現状を改善していこうという考えに変わることで責任感のある行動が少しづつ出来るようになりました。道半ばですが、しずくに職人として来たことで、やっと自分の居場所、自分の輝ける場所を見つけることができたと感じています。しずくを応援して下さる皆さまにとても感謝しています。


まだまだ私は、人としても職人としても足りない部分があります。
石の上2.5が、3.0→5.0→10.0と毎回より良くバージョンアップ出来るように日々精進して、沢山の人に応援してもらえるような職人になっていきたいです。
次回、石の上3.0 お楽しみに!