私たちの想い

せっかく雨が降ったのに

かつての自然林は、光が降り注ぎ、土は柔らかく、地中にたっぷりと水を含み、時間をかけて川へと雨を送り出していました。

しかし、人工林となった今の山は針葉樹が密集し、地面に光が届きません。そのため、下草が生えず、土が固くなり、雨は地表を一気に流れてしまいます。

山の保水力が弱まったことで、日常流れる川の水量が年々減ってしまっているのです。

川の水を守りたい

神山町では30年前と比べ川の水量が約3割に減っています。川の水を増やすためには、過密になってしまった杉を切って、山肌に光が届くようにすることが大切です。私たちは、杉を切るために、杉の新たな活用法を考えてみました。

●杉の製品をつくる ●薪にして使う

大規模な投資をするのではなく、これが私たちにもできる等身大の取り組みとして。